FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「犬夜叉」連載中に刊行された公式ファンブックのひとつ・・・それが「犬夜叉奥義皆伝」です。


犬夜叉奥義皆伝―図説大全 (少年サンデーコミックススペシャル)犬夜叉奥義皆伝―図説大全 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2003/03)
高橋 留美子

商品詳細を見る


こちらは原作をもとに「犬夜叉」の世界を解説しているので、キャラクターの詳細設定から用語解説、これまで登場したゲストキャラ・妖怪キャラの一覧、全戦闘の結果や着目点などなど、とにかく内容が濃いのが特徴です。
以前紹介した「犬夜叉わくわくファンブック」と比べると情報量もボリュームも段違いですね。
そのうえ高橋先生のインタビュー(作品への思いや原稿が完成するまでの密着レポート)も掲載されていて、「犬夜叉」ファンにはたまりません。

ちなみに巻末には「犬夜叉わくわく占い」に似た「戦国前世占い」もあります。
ただしこちらの内容は前者に比べるとおとなしめです。まぁつっこみどころといえば、


一、腹に丸いものが入っている気がする はい⇒診断ア(かごめ) いいえ


くらいですかね。
もはや選択の余地もなく、楓ばあちゃんに「何をしておる?早く戦国時代に来い!」と怒られてしまいます。
あ、自分はこの占いでは七宝タイプでした。




で、今回注目したいのは、合間合間に挟まれる「戦国波波裸蜂(せんごくばばらはち)」というコーナー。
波波裸蜂というのは奈落の手下である地獄の蜂・最猛勝の進化した姿で、奈落のために敵を調査し、絵に描いて報告する虫----らしいですが、当然このコーナーだけのオリジナル妖怪です。

「かごめの霊力の源は美脚だよ!殿も注意!」
「七宝の発言は情け容赦なし!七宝を味方につければ犬夜叉を泣かせられるよ!」


だのもはやギャグ一直線なこのミニコーナーですが、三番目の「弥勒法師のお触り報告」でやってくれました。


img163.jpg  
「図説大全 犬夜叉奥義皆伝」/小学館 p.176


弥勒になでられ続けた珊瑚 恋に落ちたり
殿も狙いを桔梗の尻に定め 桔梗の心射とめられたし



ギャグとはいえ桔梗の尻を撫でようと試みる奈落の姿を見られるのは「犬夜叉 奥義皆伝」だけ!
この横に「つくづくくだらん」という奈落のコメントがあるんですが、実は思春期の男子中学生並みに心をときめかせていると信じています。


でも桔梗が奈落の隣に大人しく鎮座している構図もなかなかシュールですね。
認めたくないけど好きで好きでたまらない女の尻を撫でようと勇気を出した瞬間、鬼蜘蛛の結界で右腕を吹き飛ばされる奈落・・・なんか涙が出てきそうです。

前世占いの結果の奈落の欄には「失敗を恐れず、好きな人には正直になるべし」と書かれていたし、ここまで吹っ切れていれば、また結末も違ったのか---? いや、尻を撫でても仕方がないけれど。




その他にも面白い記載があるにはあるんですが、基本的には大真面目です。
しかもキャラクター一人一人に、「高橋師範談」と称した高橋先生の一言が添えられています。

高橋先生によれば桔梗の霊力は生まれつきのもので、弓がうまいのは修業時代にコツコツ練習してきたからだそうです。
TVSP「巡りあう前の運命恋歌」での幼少期の楓ばあちゃんの様に、桔梗にもひとり木に向かってコツコツ練習していた時代があったんでしょうね・・・生前の桔梗の情報って本編ではほぼ描かれていないので、こんな一文だけでも嬉しいです。高橋先生・・・どうかそのあたりの描き下ろしをいつか・・・!


このファンブック、内容的には七人隊~新生奈落登場~桔梗の白霊山での最期~白童子登場までしか網羅していませんが、「犬夜叉」世界を深く知ることが出来る貴重な一冊だと思います。


まだ読んだことがない方、ずっと前に「犬夜叉」を読んだけどあまり内容を覚えていない・・・という方、ワイド版刊行に合わせて今から「犬夜叉」を読もうと思っている方、ぜひ一度読んでみてください。



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年サンデーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
<参加してます!>


スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト狙いを尻に定めてみよう! By 地獄の虫

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。