久々の更新です。
もう「久々」とか「久しぶり」が定型文になってきてるような申し訳なさ・・・。
これだけ更新が途絶えてしまったのに、訪問してくださる方がいらっしゃることに感謝です。


いつの間にか、犬夜叉のワイド版も10巻が発売になりました。
10巻は単行本の17~19巻、獣郎丸影郎丸との戦いの中盤から蛾天丸との戦い(犬夜叉の妖怪化)の途中まで収録されていて、内容的にも結構濃ゆいです。

そして、個人的に大好きなエピソード「桔梗の危機」~「かごめの心」も収録されています。

犬夜叉・かごめ・桔梗の三角関係が一旦の決着をつけ、宿敵・奈落の内面も判明し、「犬夜叉」の恋愛面でのターニングポイントともいえるエピソード。

アニメでは残念なことになってしまいましたが、改めてワイド版で読み返してみるとやっぱり素晴らしい・・・。


で、書店で受け取った時に「あっ」と思ったんですが・・・今回のワイド版の表紙、

10巻

18巻の表紙と一緒でした。


これまでの表紙は、単行本の表紙絵やカラーイラストを切り貼りしたものがほとんどでした。

犬夜叉 (1) (少年サンデーコミックス)犬夜叉 (1) (少年サンデーコミックス)
(1997/05)
高橋 留美子

商品詳細を見る


犬夜叉 ワイド版 1 (少年サンデーコミックススペシャル)犬夜叉 ワイド版 1 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2013/01/18)
高橋 留美子

商品詳細を見る

1巻ですらこうで、

犬夜叉 (14) (少年サンデーコミックス)犬夜叉 (14) (少年サンデーコミックス)
(2000/03)
高橋 留美子

商品詳細を見る


犬夜叉 8 (少年サンデーコミックススペシャル)犬夜叉 8 (少年サンデーコミックススペシャル)
(2013/08/16)
高橋 留美子

商品詳細を見る


珍しく同じかと思った8巻も、よく見たら右上に申し訳程度に弥勒がいました。(何故?)

弥勒

そのほかにも何故かちょこちょこ他のキャラを入れていたりしてたんですが、キーワードでもある御神木が背景として映っているだけ。
むしろ御神木があった方が、元の表紙に比べて良くなったようにも見えます。

やっぱりこの巻だけは、他のキャラクターが表紙に登場することは有り得ないですね。
変に新しい絵と昔の絵を切り貼りをするより、そのままの方が三人の関係をよく表わしていて良いと思います。



*


さて、ワイド版もようやく3分の1が発売されました。
初めは1か月に1冊か・・・とか愚痴っていましたが、いざ刊行され始めるとあっという間な気がします。
改めて読み返してみることで違う感想も出てきたり、新しく発見することもあったり、「犬夜叉」はやっぱりすごい・・・。

特に序盤からこの巻あたりの桔梗は、終盤の「厳しくも優しい慈愛に満ちた巫女」の姿だけでなく、犬夜叉への愛憎、奈落への挑発、かごめへの激しい嫉妬が入り混じった「女」の面がかなり強く出ています。

愛する男への執着に囚われた、敵か味方かわからない危うい死人の巫女。



もしかすると、この頃の桔梗が一番好きかもしれません。




にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年サンデーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
<参加してます!>


スポンサーサイト