FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作の展開も終盤に差し掛かった45巻。
この巻では、桔梗と鋼牙の初遭遇がありました。

お互い犬夜叉とかごめを交えた三角関係の一角でありながら、実はこの巻まで顔を合わせることがなかった2人。
しかし・・・


無題 高橋留美子「犬夜叉」/小学館 45巻 p.42

その初遭遇はかなり殺伐としていました。
崖から落ちて意識を失った自分を気にかけて駆け寄ってきてくれた相手に対して、少し言葉を交わした後にこれですからね。

四魂の玉を完成させ、奈落を魂ごと浄化しようとする桔梗は、鋼牙に足の欠片を渡すように迫ります。翠子の意思に支配された欠片によって命が危機にさらされる前に、おとなしく自分に渡せ、と。

しかし鋼牙は当然拒否。
彼にしてみれば奈落は仲間の仇でもあるわけで、その奈落を倒す武器でもある四魂の欠片を通りすがりの巫女に脅されたくらいで簡単に渡すわけもありません。

話し合いは決裂。桔梗は本気で矢を放ち、鋼牙はそれに驚きつつもなんなくかわし、去っていく----。
と思いきや、数話後の魍魎丸との戦いで再会。結局鋼牙はその後の桔梗の最期にも立ち会うこととなりました。

で、気になったことなんですが。


3.png 高橋留美子「犬夜叉」/小学館 45巻 p.42

「噂どおり物騒な女だな。おれを射殺そうってのか?」


2.png 高橋留美子「犬夜叉」/小学館 45巻 p.182

「やっぱあれだな、おまえら昔つきあってただけあって、考え方一緒だな」


鋼牙は桔梗(犬夜叉と桔梗の関係)をどこでどう知ったのか?

「噂どおり」ってどこで桔梗が物騒だと噂されてたのか。
そもそもどうして犬夜叉と桔梗が恋仲だったことを知っているのか。

二人の過去を気にするかごめがぺらぺら話すわけはないし、まさか犬夜叉が「桔梗っていう死人の巫女は俺の元カノだ!俺も何度も殺されかけたりちょっと物騒だけど良い女だぜ!」なんて言うわけもありません。

やはり、犬夜叉・かごめ・桔梗の三角関係においては完全に野次馬状態な弥勒達が吹き込んだのでしょうか・・・。
当時は気にせず読んでましたが、よく読んでみれば結構面白いことを言ってました。


鋼牙は桔梗亡き後ぬけがら状態となった犬夜叉に渇を入れた時といい、その犬夜叉に大好きなかごめを託した時といい、かなり男前に描かれていたと思います。
初登場時にかごめを力ずくで奪い去り、神楽との戦いで罠にかかって犬夜叉を殺しかけた頃からは想像もつかないくらい、思慮深いキャラクターになっていきました。

愛する者を守るために退く勇気。
正直それまでは「犬夜叉と同レベルで競うライバル」としか見てなかったんですが、かごめを想うからこその決断を見て、大好きなキャラクターの一人になりました。

だからこそ、最終話でなにひとつ描写されなかったことが悔やまれる・・・!
(アニメではアニメオリジナルキャラクターの妖狼族の菖蒲と結ばれた?っぽい描写はありましたが)


叶わぬ願いとは思いつつも、ワイド判の最終巻にその辺の補完が書き下ろされたりしないかな~と少し期待しています。



にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年サンデーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画考察・研究へ
にほんブログ村
<参加してます!>

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト気になったこと ~鋼牙編~

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。